カンボジア生活2年目、自分の2019年を振り返って

こんにちは! カンボジア、キリロム工科大学に来てから約1年半が経ちまして、2度目のニューイヤーをこれで迎えます。 といっても、昨年は日本へ帰国していたのでカンボジアで新年を迎えるのはこれが実は初めて笑 それに学校も休みでみんな友達は実家に帰省中。 どっちにしろ私は怪我でどこにも行けないので、寮でひっそり一人で静かに新年を迎えます。 怪我といえば! 実は昨日ひっそりと私のケガやカンボジアの病院についての記事もあげました。 この記事の前の記事がそれになってますので、ぜひ良かったら読んでもらえると嬉しいです。 この2019年を振り返って…..一言でいうと、 【2020年に向けた準備期間】 という感じです! 2018年が初めてカンボジアに来た年で、人生で一番といえるほどインパクトの大きかった年。 そのせいか、2019年は比較的落ち着いた1年になったかなというのが率直な気持ちです。 環境にも慣れて、ドタバタしていた1年目には気づかなかったキリロムでの楽しみ方、過ごし方、カンボジア人との接し方、そしてなにより自分の気持ちとしっかり向き合える時間と余裕ができて自分の性格や人としての在り方について明確になってきた気がします。 今までどっちかというと私の行動や気持ちは人に左右されることが多かったり、利益を求めて行動しがちだった気がします。 例えば、これやろーよ!って言われたらやりたいやりたくない関係なく、うん!やろう!って答えたり、 面白いかどうかわかんないけどこれやっておけば将来いい感じになりそう!よし、やろう! みたいな感じです。 しかし、この1年間でずいぶん自分の考え方や行動に変化が出てきたんじゃないかなと感じます。 自分の意見をはっきり言わなけらばいけない時、そして言わない方がいい時、その区別がつくようになってきました。 そこの考え方は人それぞれで、 「自分の意見はどんな状況でも言わないとアイデンティティを失ってしまう」 「自分の意見ってなんなのかがわからない、だから人に合わせていた方が自分らしいし楽である」 という人、そしてその考え方がぴったりその人の人柄に当てはまっている場合だってあります。 でも私の考え方や性格としては両方とも合っていなくて、自分はその両方をコントロールしていた方がいいなと気づきました。 気分がのらないときははっきりとそれを伝える。 こっちの方がいいんじゃないかなと思うときはその意見もしっかり伝える。 一方で、ここは黙っていた方がいい。変に口を挟まない方がいい。 この状況の区別をしっかりしてコントロールする力です。 この力を少しずつつけることができるようになったのも、自分の心の声を聞けるようになったからなのかなと思います。 自分が何をやりたいのか、そしてやりたくないのか。 目先の利益や状況にとらわれず、自分の心に反する行いはできるだけしない、自由な生き方を目指すようになりました。 じゃあ、どの状況で自分の意見は言わないでしまっておくのか? それはやはり人間関係かなっと思います。 人間は1人では生きていけないと私は考えています。 そしてそのひとり一人が違った視点でものを見ていて、違った考えがあります。 その中で全員が自分の意見だけを言い合ったらどうなってしまうか。 崩壊です。 なのでやっぱり人間関係に関しては自分の意見をしまって、相手に耳を傾ける状況も必要だなと感じます。 そしてその他人の意見を聞くということが毎回といっていいほど、新しい発見につながったり、とても勉強になることばかりです。 かと言って一人にならないために自分の気持ちに嘘をついて偽りの関係を築くわけではなく、 自分の気持ちに反する辛い関係であれば、一人になるのを恐れずにそこまで関わりを深めないで適度な距離をとれるようになりました。 単なる自己中なのか。。 そう言われるとそうかもしれません。笑 でも、たった一度の人生なるべく心的ストレスを少なくしてハッピーに過ごしていきたいですしね! そんなこんなで、怪我をしたタイミングで自分の将来について考えたり、何をやりたいかについて考える時間が少しあったのですが、 自分の好きなことで楽しみながら仕事がしたい!!! それがなんなのか、今の時点では見つけたのですが正直まだわかりません。 まだ私の場合は大学2年生なので卒業まで時間が少しあるのでやりたいことが変わる可能性は大なので。。 でも、誰に何を言われようともその時その時にやりたいこと、学びたいことに全力を注ぐことにしました。 いずれそのやりたいことで将来職につけたらいいな。っと。 この自分の在り方についての部分が固まったことによって、2020年どんなことが待ち受けているか想像もつかないですが、どんなことも自分を信じて乗り越えられるんじゃないかなと思います。 そういう意味での、 【2020年に向けた準備期間】 そんな一年間でした!! […]

キリロムで怪我をしてしまった….カンボジアの病院って大丈夫…?

こんにちは! これはとある日のこと。 まさに私が新しいスマホを買うためにプノンペンへ行く日の朝に事件は起きました。 学校に行く前に朝ごはんを食べるため学食によってから行くのですが、そこで部屋に忘れ物をしたことに気づきました。 時間もあまりなかったので、一緒にご飯を食べていた友達にカバンを預けて猛ダッシュで部屋に取りに戻ることに….. 何度も記事で書いていると思いますが、キリロムは山の中。 アスファルトの舗装された道なんぞありません。 そして私の寮から食堂までは正規の道で行くと10分近くかかるのですが、5分以内で着く近道が存在します。 そこは完全にジャングルの中って感じで足元ガタガタの細い道です。 今考えるとほんとに情けないのですが、急いでいた私はそこを猛ダッシュしたんですよね。。。 案の定デコボコで思いっきり足をひねり、10年近くやってたスポーツ一筋だった時代にもしたこともなかったぐらい大きく、そして内出血をしてしまいました。 そのスポーツ人生の中でもバスケを一番長く、そして激しくやっていたのですが自分は怪我はあまりしないタイプ。 でも、周りの友達が大きな怪我をしてるのは何度も見ているので、自分の足の腫れ具合と痛さで、 「これは結構やったな」 と、、だいたい怪我の想像がつきました。笑 病院に行き、診断結果は、 足首靭帯3本伸び 足首2ヵ所の骨にヒビ でした。。。。。 そして、一か月間のギプス固定で松葉杖生活の12月の始まりです!! ここで結構気になる方もいると思うのですが、 山奥にあるキリロムで怪我、病気をした場合って医療体制はどうなのか? そして発展途上国であるカンボジアの病院は安全なのか? まず初めに、キリロムにはナースルームがありカンボジア人と日本人のナースさんが常駐しています。 そしてキリロムはプノンペンにあるSun International Clinic(サンインターナルクリニック)という病院と提携?を結んでいるので、日本人ナースさんもしっかり知識のある方で病状によっては日本の薬も処方してくれます。 私の場合は怪我だったので、RICE処置(安静、冷却、圧迫、挙上)しかすることはありませんでしたが、 (しかも今回は私の判断ミスでナース室直行ではなく学校にそのまま行ってしまい、ナースさんにわざわざ氷等を持ってきてもらう手間をかけてしまった。ごめんなさい。でもほんとにそこまでしてくれるぐらい優しい。。。。) そしてそのプノンペンのサンインターナルクリニックはなんと日本人の先生が見てくれる病院!! ナースさんも日本人、先生も日本人、患者さんも全員日本人、テレビもポスターも日本語で日本にいるのではないかと思ってしまうほど。 現地で予想外のケガや病気にかかった日本人にとってはほんとに安心です。 ちょうど整形外科の専門医の先生が来ている日を狙って病院に行ったので、しっかり見てもらいました。 先生から聞く話によると、現地のそこらへんにある病院に行くとギプスではなく石灰で足を固められるらしい….. それがほんとに重くて大変らしい。。。 この病院きてほんとによかったよっと先生にも言われ、私も日本にいるときと全く変わらない治療をしてもらって感謝感激です。 ちなみに私は現地の海外保険にも入っていたため、一旦は全額自腹ですが領収書を保険会社に送ったら全額戻ってくる仕組みです。 ただ、私が現地で入った保険は料金は日本のものに比べてすごく安いのですが、ちょっと色々めんどくさかったりやっかいなところがあったり。。。 なので私は少し高くても日本で海外保険に入ってくることをおススメします! 日本の海外保険はキャッシュレスでその場でカードで保険を使うことができるので、その場で自腹で払うこともなくとても楽なようです。 真剣にお考えの方はご自身で詳しく調べてみてください! ということで、今回は現地に移り住むにあたって一番心配で気になる面でもある、医療に関することを少しお話させていただきました。 明日が2019年最後の日ということで、2019年の振り返り記事でも書きたいな!という思いつきがありまして、今回の記事ちょっと急いで書いてしまって雑になってしまった部分があります。。 時間の都合上、詳しいことは調べる時間がなかったため書いておらず自分の体験談のみとなってしまいましたが….. そこはほんとに申し訳ありません。。。 明日(日本時間だともう今日)の記事は今年最後の記事になりますので、一日ちょっと自分と向き合って、時間をかけて書けたらいいなと思っています。 それでは、病院のことについてでもその他でももし質問等ございましたらメールでもInstagramでも受け付けていますので、遠慮なさらずに送ってくださいね! それでは、今年最後の一日。 みなさん楽しんで有意義なものをしていきましょう。

カンボジアでスマホを購入!カンボジアのスマホ事情とは…..

Happy Merry Christmas‼ もうクリスマス明けてしまいましたが、、、 カンボジアももちろん盛大ではなくてもクリスマスは祝いますが、私的にはやっぱり凍えるような寒さの中で雪を見ながらでないとクリスマスの実感が全く出ません。。。笑 25℃~30℃の中人生初の!半袖短パンでクリぼっちを楽しみました。笑 毎年、家族や部活仲間、予備校で予備校の友達と…..って感じで少なくとも誰かとはいつも過ごしていたクリスマスイブ。 休暇でルームメイトも実家に戻ってしまっているため、完全に寮でひとりぼっちでした笑 前回の記事でもお話しした通り、愛用していたスマホをベッドの上から落としてしまい完全にスマホの電源がつかなくなってしまいました。。。 そこで今回はカンボジアのスマホ事情、安全なのか、どんなのを買ったのか、についてお話したいと思います。 まずは私が買ったものから紹介しましょう! これです!!↓↓ RealMe 5 Pro という機種です! 2019年9月発売のかなり最新機種。 RealMeはOPPOという中国のスマホメーカーがインドで発売を開始した新ブランドのようです。 ネットで調べた情報によると、日本では未発売とのこと。。。 なのでもし、買いたい方がいたらオンラインで取り寄せないとダメなようですね。。 ちなみに私は同じくキリロムに滞在中の方がRealMeをすでに使っていて、実際にどんなものかと購入前に見せてもらって一目ぼれ。 速攻買ってしまったという感じです。笑 そしてなんといってもスペックが素晴らしい….. 1080 x 2340px (フルHD+) メモリ(RAM)  8GB ストレージ  128GB ( microSD最大256GBまで 可) メインカメラ  48 + 8 + 2 + 2MP でクアッドカメラを搭載 動画最大画素数  2160p 指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス, 顔認証ロック バッテリー容量 4035mAh などなど….. 色々調べてみたのですが、やはり画質等はiPhone11に劣るもののバッテリー容量やメモリ数、ストレージは負けないぐらい素晴らしいです。 画質等も実際使ってみて正直全く支障ないです。 写真好きの私も大満足の画質。 もうストレージやメモリに関してはパソコンとほぼ変わらないレベルですよね!! そしてみなさんお気づきかもしれませんが、カメラが4つ付いてる!!!笑 日本であまり発売されているブランドが少ない分知られていないものばかりですが、東南アジアや中国で発売されている最新機種はどれもカメラが2、3個以上ついているのが現状です。 Appleのカメラ3つが騒がれていた中、これらの機種をもうすでに持っていた人たちはさぞかし鼻高々だったでございましょう。。。笑 […]

日本帰国後から二か月間の悲劇…と次回予告

みなさん久しぶりです!! またまた久しぶりの投稿となってしまいましたが…一旦落ち着いたので状況報告だけさせていただきたいと思います。 前回の投稿の後、学期末試験を迎えてその後学期末休暇ということで10月末から11月中旬まで3週間ほど日本へ帰国しておりました。 なんでそんな中途半端な時期?と思う方もいらっしゃるかもしれないですが、キリロム工科大学は二学期制になってますので、 ・4月~10月(だいたい雨季)・11月~3月(だいたい乾季) と分かれています。 日本と違ってカンボジアは四季がないので、夏休みや冬休みという概念がありません。 雨季休み、乾季休み….とはこっちでは言いませんが、先ほどの2学期の分かれ方は季節として考えるとそうなりますね! 日本の生活を満喫したあと、カンボジアに帰ってきて、 「よっしゃ!!十分楽しんだから勉強に専念するぞ!!」 …..っと思っていた矢先、 愛用していたスマホの故障 左足のケガによる松葉杖生活(ほぼ同時時期に日本で母も左足のケガで手術…..) 愛用していたパソコンのOSがアップデートとともにパソコンから消える(OSとはWindows/iOS/Linuxのこと。ちなみに私が失ったのはLinux) …..という私的には悲劇の連続でした。。笑 ということで、次回とその次の投稿で最初の二つの悲劇、 1.カンボジアでスマホが壊れた時、どこで買うの?安全なの?どんなスマホがあるの?2.キリロムでケガや病気になった時の病院事情や、私の経験談 を書きたいと思います。 2記事とも2019年が終わる前に投稿したいと思っています。 今回のブログ記事は状況報告という感じでかなり短くなってしまいましたが、ぜひ次回のブログもチェックしていただけると嬉しいです!!

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top