センター試験失敗はチャンス

最近は課題とテストに追われるなんとも忙しすぎる充実しすぎた日々が続いていましたが、テストがやっと終わってひと段落….   と思いきや、三週間後ぐらいにまたテストが…笑   忙しいですが、ここまで忙しいのは最初の一年だけ。二年目、三年目と学年が上がっていくにつれてもう少し楽になってここで学んだことを大いに生かせるインターンシップの授業が増えてきます?     そういえば、今からちょうど一年前はもうキリロム工科大学の入学が決まってたな~!   センター試験が終わって絶望で迎えた国公立大学出願締め切りの一月後半….   何を思ったか国公立には願書も出さず、この発展途上国カンボジアにある大学へ願書を出し….   なんて人生でしょうね! 私まだこの辺の詳しい入学理由をあまりブログに書いてないような気がしましたので今回はそれについて書いてみようかと!     自己紹介にも書いてあるように私は小学校から大のスポーツ好きで大の勉強嫌い。小学5年生から高校3年まで大好きなバスケットボールにすべての時間をささげてました。笑   中学校は強いバスケ部で大好きなバスケットボールをしたい!!   ただそれだけの理由で中高一貫校を選び、もちろんその地域では強豪校なだけあって日々、練習練習練習、勉強する時間は相当限られていて、いつも先生に怒られない程度とってればいいやというぐらいの勉強しかしていませんでした。   中高一貫校だったため、世間の中学生の遊び、勉強の一区切りである高校受験もなく、ひたすらバスケットボールに明け暮れた日々。   もちろん高校生になって少しずつ、自分このまま何をして大人になるんだろう….と進路や自分の将来を頭では気にするようになってきました。   高校三年生の夏の高体連が終わってから、あ、勉強しなきゃやばいじゃん。とりあえず、名前のある大学行けば就職はどうにかなるだろう。って思って地元の有名な国公立大学を第一志望に。笑   バスケットボールに相当お金を使って親を困らせたため、「一浪までは許してあげるから、勉強を頑張って国公立大学に入ってくれ」と親も言っていましたし、自分自身「かっこいいから国公立行きたい」そんな気持ちで受験の苦しさも知らずに受験校を決定。   でも、その大学のキャンパスが私はもともとすごい好きで勉強するにつれて絶対にそこに入りたいって気持ちは次第に強くなっていきました。     一年目はほぼほぼ諦め、浪人をし毎日10時間は絶対目標とし一年間ほんとうに勉強というものを初めてここまで熱心に本気でやりました。   さんざんバスケットボールという一つのことに打ち込んできたことで身につけた集中力と諦めない姿勢は、勉強に切り替わっても相当パワーを発揮しました。       そして迎えたセンター試験。       あの時はほんとに死んでもいいかもとまで思いました。     全く第一志望に届かず…..     あの頑張りはなんだったのか、一年間のすべてをかけただけあって落ち込み具合は相当でした。     でも、第一志望以外興味すらもない大学、二浪はできない。   […]

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top