新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 2018年突然カンボジアにきたりという人生の大きな転機となった年でもありました。 この転機が自分にとって良かったものであったと言えるように、2019年も精進して参ります。 今年もよろしくお願いします。     ここ二か月ぐらいどうしたんだ!!と思われていた方もいらっしゃいましたら申し訳ございません。?   実は新しい学期が始まって、カンボジア人との授業についてコメント載せようと思っていたのですがまあまあ、日々大忙し!! 全くブログ書く時間がありませんでした?   実は今年、成人式という年を迎えてしまいましたので学校側に理由を伝えて少し長期休暇をもらって、今日本に長めに帰ってきているところです。   ってことで久しぶりの投稿は日本からお送りします。     この一か月間ほどで新たなことが起こりすぎているのでざっとこの一か月間を振り返ってみます笑笑   11月の初めにカンボジア人新入生の入学式が行われました!なんと今年の入学者数は… 100人前後!?!?!? この新入生の人数は、だいたいですが在校生の人数に匹敵します。笑 入学式恒例の集合写真では学生数が信じられないほど増えたことが丸わかりだったので、もう笑いがこみ上げてきましたね。 食堂小さいけど入りきるのかな…?寮足りるの…?などなど…笑   予想通り、敷地内はいたるところでキャパオーバー。笑 最初の一週間ほどはインターネットすらもキャパオーバーで全くネットが繋がらないという事態もおきました。   今は食堂の拡張、新しい寮の建設、新しい校舎の建設も進み少しずつではありますが進化していってます!     そして今まで日本人だけでプレスクールのように英語に集中した授業を行っていた私たちですが、11月からこの大人数のカンボジア人新入生と混ざっての授業となりました。   新入生と話して一緒に授業を受けてみて最初に思ったことは……   待って、新入生の英語能力高すぎないか???   です。。。笑   日本語ですので書いてしまいますと、圧倒的に先輩方の英語よりもレベルが高いのです。笑   中にはネイティブ並みに流暢に話せる子もいますし、なんといってもみんな発音が良くて聞き取りやすく、今まで聞き取りにくかったカンボジアンイングリッシュという感じの発音の子が少ないなと感じました。   やはり、キリロムがカンボジアで有名かつ人気になっていくにつれて、受けて合格する生徒のレベルも高まっていくのは当たり前のことです。   が、そこで私が思ったのは、   いくら人気な学校って言ったって、100人前後の生徒がどうしてここまでみんなペラペラに英語を喋れるのか?   ということです。   私は実際に調査したこともないですし全く実際のところはわからないのですが、日本のトップレベルの大学でも新入生ほとんどが英語ペラペラということはないのではないかと思います。むしろ文法と単語は完璧でも実際外国人と話したことがないという人も…。(これは私の推測です。。)   入試でスピーキングのテストを課していないという大学が日本ではほとんどなので確かにスピーキングは対策しなくたってそこそこの大学にはいける。   そのままでいいのかな? […]

キリロム周辺探検!第一の滝に潜入!

こんにちは!   私たちの休暇もいよいよ終盤に近づき、もう少しで日本に帰省した組も海外に行ってた人も帰ってきます。   それと同時にセメスター最後の期末テストが近づいてきている…笑 私たち日本人だけセメスター終わりを告げるはずの休暇のあとに期末テストがあり、それが終わった次の日から新しいセメスターが始まるというちょっと不思議なスケジュール笑   そんなわけでほんとは勉強をしないといけないのですが、今まで一週間近く寮にこもってた息抜きとせっかくの休暇の思い出作りに滝に行ってきました。   キリロムは前にも記述したようにカンボジアの山の中、国立公園内に位置しているため周りはこれでもかと言わんばかりの大自然。   キリロムパインリゾートのアクティビティにもたくさん載っていますが、この大自然の中には数々の絶景スポットや自然が生み出した観光スポットがあります。   ヘブンクリフという崖など言葉のみではうまく説明できないスポットがたくさんあるのです!笑 これに関しては実際に写真を見てもらった方が分かりやすくて伝わると思いますので、   vKirirom Pine Resort  ⇒ https://www.instagram.com/vkirirom_pine_resort/ 私 ⇒ https://www.instagram.com/ichigoduohe/?hl=en   のインスタグラムをぜひ見てみてください! リゾートオフィシャルのものはやはりここの目玉スポットなどの写真がたくさん載っていますし、私の方はと言いますとふと気づいたときに見れた奇麗な景色や普段のキリロムでの生活やちょっとした気づきを簡単に写真とともに載せています。   ブログではやはりインスタグラムでは載せきれないことを載せ、ちょっとした気づきをインスタで載せるという形をとって今はやらさせておりますので、よければインスタの方もチェックをお願いいたします☺     ちょっと変な宣伝を混ぜてしまいましたが…笑 本題に戻りますと、昨日キリロムにいくつかある滝の一番近いところに初めて行ってまいりました!   キリロムから自転車でだいたい休憩含め一時間ほどのところにある滝。 高校で部活を引退してから全くといっていいほど運動していない私には山道で自転車を漕ぐのはなかなかハードでバテバテになりました。笑   いくつかというのは、カンボジア人の先輩から聞いた話では滝は全部で3つあるとのこと….でも、この山にはまだ未開拓な地域がたくさんありますので、まだ発見されてないすごい滝がたくさんあるのではないか….!?!? という私の変な期待からです!笑   ここはその3つの滝の中で一番キリロムパインリゾートから近いのと比較的大きめで安全に水遊びができるスペースがあることより、たくさんのお客さんがここを訪れるようです。   ここは滝のすぐそばではなく安全な水遊びスペース。 滝の近くまでは行かず、このスペースで水遊びをして楽しむ人がほとんどのようです。 平日にも関わらずご覧の通りたくさんのお客さんでとても賑わっていました。         正直私の想像とはまったく違う滝でした笑   滝 = 仙人が打たれているやつ   そんなイメージを勝手に浮かべていたのですが、その滝とは違う穏やかな緩やかな滝でした!   キリロム周辺にある滝はどれも自然に出来上がったもののようで、雨季になるとものすごい激しい雨が降り、それのダメージなどでどんどん削られて今の形が出来上がったのではないのかなと思います。   私もここに初めて訪れたお客さんの一人にすぎないので詳しい滝の歴史はわかりません。   […]

キリロムに小学校が開校!キリロムの小学生の日常

こんにちは!   一昨日ひとつの大きなテストが終わって、一週間の休暇に入りました! 何人かは日本へ帰省….何人かは他の国へ….とみんな思い思いの休暇を過ごしています。   私はといいますと、キリロムの山の中にとどまります? 前回の休暇で日本に帰りましたし、次は12月に帰ることが決定してますので今回はここでおとなしく一週間を過ごします。   一昨日の午後から休暇がスタートしたのですが、初日の夜から一人で歩いていたところをカンボジア人の先輩に捕まえられおしゃべりからのクッキング? 正直、学食よりもおいしい料理を作ってくれてみんなでバクバク食べました笑   この時は日本人は私一人でカンボジア人の人数が圧倒的に多かったためたくさんクメール語が飛び交う中、よーく聞いてるとたまに英語の単語が入ってきたり、知ってるクメール語の単語があったりで意外と聞いてたらなんとなく会話の内容が推測できるもんなんです!笑 結構それを推測するのがおもしろかったり….笑   英語でいきなり話ふってくることもありますし、日本人一人でも十分楽しんでいました?     実は最近、キリロム内に新しく小学校が開校しました! 一番上の写真は食堂で子供向けアニメを見る小学生とカンボジア人大学生。   私もこれをはじめに聞いたときはびっくり…笑 「大学生でも来るのを躊躇するこんな山の中に小学生が来るのだろうか….」   そんな私の考えをひっくり返すように、現在10人近く生徒がいます。 日本人の生徒が今は一番多く、カンボジア人の生徒も何人か見かけます。   私たち大学生と同じ校舎内の一室が小学生の教室として使われています。 日本でもぎりぎり高校生ぐらいなら同じ校内で勉強を学んでいるところがあるかもしれないですが、大学生と小学生が一緒の校内で勉強することはほとんどないのではないかなと思います!   大学生としてもいろいろな刺激があると思いますし、小学生も大学生と一緒に生活しているということで安全に生活できて、親御さんの安心にも繋がるのではないかなと思います。 その親御さんの期待も実際裏切ってないと思いますよ?   学食も同じところを使っているため、最近小学生と話す機会が多くなってきました? なんだか、弟、妹が増えた気分。。。   今日起こったできごとを楽しそうな笑顔で話してきたり、こどもの頃誰もがやったであろう言葉遊びゲームのようなものを教えてくれたり、みんなすごい元気に生活しています。   実際の授業の方は大学生は関係していないのであまり内容はわからないのですが、フィリピン人の優しい先生が毎日朝早く学校に来て準備して、夜遅くまで仕事をしている風景をみかけるので子供たちのために全力を尽くしている様子が伺われます。   実際子供たちも楽しそうに校内走り回っています。笑 ご飯のあとはしっかり歯磨きをして、その途中で珍しい虫を見つけて教室まで響き渡る大きな声で興奮してたり。   英語は話せること全く話せない子がいるようなので、もちろん先生からも教わってると思いますし話せる子が教えてあげたりもして、小さい頃から共同生活をしてお互い助け合うといういい経験ができてるのではないかなと感じて、少し羨ましく思います?   この前は食堂の席の取り合いで男の子と女の子がケンカをして泣いちゃっていました? でも、こうやってケンカをすることによって子供は成長していくんじゃないかなって思うので子供の頃のケンカは全然いいことだと私は思います。 二人とも言いたいことを隠すことなく主張していて微笑ましかったです☺     この前私が目撃したなんとも微笑ましい光景は….   カンボジア人のとても小さい男の子と日本人の女の子が、食べることのできる木の実をとっていて二人ともわかるだけの英語を単語とジェスチャーで意思疎通をしていたものです。 「Eat(食べる) eat!Two(2) two!」 […]

キリロム工科大学の授業について

こんにちは! 新しくなって最初のブログ…なんか新鮮ですね? 今回は前にお知らせしたキリロム工科大学の授業についてやっとって感じですが少しお話します! 現在私がその真っ最中でありますが、日本人学生は11月頃までは英語を集中的に勉強するというカリキュラムになっています。 なぜかというとカンボジア人学生は11月入学、日本人学生は4月入学というギャップが生まれるからです。 さらにみなさんご存知だと思いますが、日本人は高校時代などに1年ほど留学をしていた人以外は英語があまり得意ではありません…. 学校の授業だけではあまり話せるようにならないですよね? そこでこの学校ではあえて日本人は通常の日本の学校同様4月入学とし、最初に外国人の先生から英語で英語を学ぶのです。 11月入学のカンボジア人の英語はどうなんだ?…といいますと、このキリロム工科大学はカンボジアではものすごい人気のトップレベルの大学です。もちろん入学してくる人は秀才なひとばかり….先輩を見ていると本当に尊敬してなりません…. そんなわけでほとんどのカンボジア人は英語を話せます。お互いそこそこ話せる状況になってから合流しさらに英語力を高めていく、という流れになっています。 そしてこの大学の目玉はなんといっても最先端のIT技術を使った授業とインターンシップ。 キリロム工科大学では一年次からITの基礎であるプログラミングの授業などをやります。 今私たちがやっているのはC言語。 見づらくて申し訳ありませんが、まだ初歩的な部分しかやっていませんがこつこつと進んでおります。笑 この前カンボジア人の先輩とC言語の話をしていたところ、先輩が「宿題だしてあげる!」といって電卓のシステムを作る宿題を出してくれました? 私たちのまだ習っていない知識も必要でしたが、キリロム工科大学はセルフラーニングを重視している学校です。 色々な手段を使って調べて自分で学習し、なんとかあと一歩ってところまできました? そして他のITリテラシーという授業では、コンピュータの仕組みなどを勉強しています。 今の授業内容は一つ課題と〆切を与えられ、それを期限までに作り上げる。 それはみなさんおなじみのモバイルアプリケーションを作ること。入学して4か月でこんな経験をできるような学校はなかなかありませんよ! このプロジェクトの前にはモバイルアプリケーションではありませんが、全員それぞれ一つゲームを作り上げています。 もちろん先生が私たちをほっといてるわけではありません。基礎のところはしっかり説明してくれてあとは人それぞれ作りたいアプリによって作り方が変わってくるので、自分で調べそれでも分からなかった場合に先生に聞きに行くと丁寧に優しく教えてくれます。 もちろん英語で! 実践的な授業を続けていき基礎技術を身に着け、インターンシップの時間にはそれぞれ学年もごちゃ混ぜのグループに分かれてプロジェクトを作り上げますので、その中でさらに実践として技術を使っていきます。 なかには実際の企業とやり取りをしていくグループもあったりと、なかなかすごいです! Wi-Fiなどのネットワーク管理も先輩方が1から学んで作り上げ、今こんなカンボジアの森の中にいますがネットが繋がる状況にあるのです!! まだ時々Wi-Fiが切れたりと不便な状況になるときもありますが、先輩たちが試行錯誤し良くしようと奮闘してくれています。 このようにキリロム工科大学では1年次から専門的なことに力を入れてやっています。 そうすることで即戦力が身に付き、就職してすぐに会社の戦力となるような人材を育てるのがこの大学の目標です。 まだまだ新しい学校でしかも日本人はまだ私たちが1期生でまだわからないことがたくさん…. でもだからこそ、私たちの頑張り次第でこの学校が、そして自分がどこまで成長するのかが決まってきます。 日本にはないようなこの変わった学校で結果を出せるようにこれからも頑張っていきたいと思います? 少し今回長くなってしまいましたが?次回もお楽しみに!!

週末にプノンペンへ買い出し&プチ観光

チョムリアップスオー!(こんにちは!) 先週末はキリロムがある山を3時間かけて降りて、2泊3日でプノンペンへ生活必需品の買い出しに行ってきました。 必需品でもないですが1、2週間ほどカンボジア人の先輩方の生活などを見て、部屋にあった方が便利なものなどを爆買いしてきました。笑 初日は夕方頃にプノンペンのCapitol guest house に到着。 このゲストハウスは結構カンボジアでは有名で評判が良く、実際泊まってみてスタッフの方もすごく優しくコスパは最高です。 初日の夜はゲストハウスの近くにあるプノンペン ナイトマーケットに行ってきました! マーケット内には重低音の音楽が響いており、とても楽しいお祭りのような雰囲気です。 このナイトマーケットは観光客にも人気のようで結構所々で英語が飛び交ってました! ⬆ココナッツの殻が入れ物になったアイス カンボジアの多くのマーケットでは値段は交渉次第です。 最初に提示された値段より低い値段をお願いすると、だいたいはその二つの間ぐらいの値段まで下げてくれます。 日本人にとっては最初の値段でも相当安く感じるかも知れませんが、もし行く機会があればたくさん値切ってみてください? 2日目の午前中はゲストハウスのすぐ近くのOrussey market へ! ここはプノンペンの有名なマーケットの中でも地元の人向けのマーケットでお土産などはほとんど売ってなくて、電化製品や生活用品などがたくさん売ってます。 地元向けのマーケットのため少し買い物しずらいっていうのはありましたね… 観光客向けのマーケットではCentral Market が 有名です。 実は私はまだ行ったことがないのですが、お土産などもたくさん売ってるみたいですのでそちらもチェックしてみてください? 午後は恒例のAEON MALL ! 以前も書いたようにイオンは日本シックを癒してくれる最高の場所です。 値段は日本と同じくらいです。 ただ1度マーケットを経験してしまうといかにイオンが高いかというのを思い知らされます… ⬆イオン内の日本食レストランにて 移動はほとんどタクシーかトゥクトゥク。 カンボジアには瞬時にトゥクトゥクを呼ぶことができる正式なアプリがあるのでそれを使えば、ぼったくりもほとんどなく安心して乗れます。 私たちもほとんどはそのアプリを使いましたが、てきとーに捕まえたトゥクトゥクでは外国人というのをいい事に値切ったのに関わらず少し高い値段で払わされてしまいました.. ? 地元の方に聞いたところだいたい2ドルぐらいが無難な値段みたいです。 次回はもっと地元感を出して望みたいですね!笑 こんな感じでキリロムの学生は休日などを利用してプノンペンなどにいって売店で手に入らないものを調達しています。 もちろん日本から郵送することも可能です。 次はもう少し遠いところまで行ってみたいな〜、、 それではまた!オークン!!(ありがとう!!)

キリロムの学食

こんばんわ! 先ほどまですごい音の雷がなっててビビっておりました笑 そして今日は結構聞かれることの多い、キリロムでの三食のご飯を包み隠さずに紹介したいと思います。笑 もちろん日によってメニューは違いますし、美味しい時美味しくない時と当たり外れもございます。 やはり毎日日本料理を食べてきた日本人にとっては厳しいメニューが あるというのは隠しきれないですね… それに周りをみてると人によってはお腹を壊してしまう人も少なくないようです… ちなみにわたしはほとんど壊してません。笑 お腹が強いみたいなのであまり参考にならないかもしれません。笑 これはとある日のメニュー? ここでは日本のようにこの料理は基本的に朝のもの!という風にメニューが朝昼晩と分かれていないので、朝に出たものが違う日の夜に出たりもします。 現在は一応インド料理一品、クメール(カンボジア)料理一品、どっちでもないもの一品と種類が分かれているようです。 しかし、インド料理以外はシェフがカンボジア人のためクメール料理に味がよってる気がします。笑 しかし、たまにはこんなものも!! そう!ラーメンです!笑 このラーメンの麺はチキンラーメンのようでスープもしょっぱさがあって、ここの料理ではわたしは1番好きです!笑 すべての器やスプーンなどは食べる前に消毒のため1度熱湯につけてから使います。 正直日本では考えられない光景です。 今後さらにインターナショナルになって様々な国から生徒が来るようになるので、ここの学食のリニューアルの話も上がってます。 日本料理もメニューの一つになるように、日本人一期生で様々な声を上げていきたいなと思っております? こんな感じで毎日食事は無料でとらせて頂いてます! 敷地内にはもう一つ、リゾート客向けではありますが有料のレストランもあります? 学生もお金はかかりますが利用可能です! 私はまだ行ったことがないのですが、相当美味しいらしいです? 今度行ってみて感想をまた載せてみたいと思います。 以上、今回はご飯事情を書かせていただきました!なんとなく説明が不十分な気もしますので、もし質問などがあればどんどん聞いてください?

キリロム工科大学の学生寮紹介!

こんばんは! 今日は寮について少し紹介します! 寮は日本と違って個別になっています。 私の部屋はこんな感じ 内装もユニットバスではあるものの想像以上にきれい!!! 虫が入ってくる以外の点ではかなり過ごしやすくなっています。 今は慣れるために日本人どうしの部屋になってますが、7日にお引越しをしてカンボジア人3人、日本人1 人の部屋になります! 英語がまだまだ未熟なのでめちゃくちゃ心配です。。。 でもここまでのところでわかったことは、とりあえずキリロムにいるカンボジア人はめちゃくちゃ優しい!! ほんとにリゾートのスタッフさん、先生、生徒、全員が優しいです? 日本人1人の生活になってもめちゃくちゃな英語ではありますが積極的に色々聞いて、英語の点でも生活の面でも様々なことを吸収していきたいと思います。 余談ではありますが、今日はカンボジアで放送されるcmの撮影がキャンパス内で行われていました。私達日本人学生も数名授業風景の撮影に参加しました! いつか日本向けのcmも撮影されないかな〜。。。 次回は7日にプノンペン市内にあるイオンモールに行くので、おそらくそのことについて書くかな〜って思ってます! それではまた次回もよろしくお願いします!

キリロム工科大学日本人1期生、ブログ始めました!

こんばんは 自己紹介に書いてある通り、現在私はカンボジアのキリロムという地域にいます。時差は2時間。 キリロムはカンボジアの中でもとても涼しい地域でカンボジアの軽井沢と言われているみたいです。 ここにあるキリロム工科大学でグローバルに対応できるような英語力とIT技術について学んでいます。 まだまだ認知度の低いこの学校のことをより多くの人に知ってもらいたいと思っていますのでよろしくお願いします。 この大学はリゾートも併設されていて、現在規模を拡大中でございますので一般の大学にないものがたくさん!! 宿泊施設はもちろんのこと、乗馬のできる施設などなど…。 その中で現在開発中のObstacle race(障害物競争)に参加してみました! 全長2.5kmほど笑 こんなに長い障害物競走は日本ではなかなか体験できないな~ 女性には少しハードでした。 そしてそして、4月1日の午後にEntrance Ceremony(入学式)がありましてついにこの学校の一員となりました。 入学式のあとはLet’s dancing shyな日本人と違ってカンボジア人はノリがすごくいい!音楽がながれるとすぐに踊りだし、私たちも仲間にいれてくれてとても楽しい時間を過ごせました。 カンボジアの学生は英語のなかなか聞き取れない、話せない私たちに何度も何度も優しく教えてくれるので感動しましたね 頑張って11月までには英語での笑いのpointがわかるようになればいいなぁ こんな感じで近況報告、カンボジア、リゾート、そしてキリロム工科大学のことを随時更新していきたいと思いますので読んで頂けたら嬉しいです。 それではまた

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top